人生悲喜こもごも

演劇、哲学、うつ、人間関係など、日々感じたり考えたことを書きます。

きょうこそ、コラムを書き直す

きょうは、朝から珈琲館に読書および物書きにきています。 ここ数日、本業のサイトのコラムの書き直しをやっていたのですが、3日間かけて一つの記事が書き直せず、ついに断念、タイトルは、大体そのままで内容は新しく書き直すことになりました。 その記事の…

予期不安、恐怖のスパイラル

きょうは、19時から気の重い会合が入っておりました。 そのために午前中からずっとナーバスになっていて、直前の2、3時間は苦しくて家でうずくまっていました。 予期不安がひどくて、その会合でどんなひどい目に合うのだろうとおもってしまって、それが止…

きょうは何かと気ぜわしく、落ち着かないのです

きょうはいろいろな雑念に邪魔されて、やるべきことに集中できません。 やるべきこと 本業宣伝用の文章を書きなおすこと。 雑念 バイトのこと 本業のウェブのほうに載せてあるコラムの記事を書き直さなければならないのです。 50本位記事を書いたのだけど、…

HSP、対人関係の神経過敏でくたくたです

HSP(エイチエスピー)(HIGHLY SENSITIVE PERSON、過敏者)という言葉があるのをご存知ですか? ぼくもHSPだとおもうのだけど、主に対人関係のHSPなのだとおもいます。 きょうは、対人関係の神経過敏でへこんでました。 神経過敏というのは、ぼくの場合対人…

久しぶりにネット動画で「白線流し」(長瀬智也、酒井美紀主演)を観る

「白線流し」は、20年ほど前に放映されたフジテレビの連続ドラマで、高校3年生を描いた青春ドラマです。 当時ぼくは、大学生でしたが、リアルで観てました。当時18歳位だった酒井美紀がかわいくてね、またTOKIOの長瀬くんもドラマ売り出し中で、なかなかいい…

稽古場が取れてなかった!そんな時の窮余の策とは

きょうは演劇の稽古の日でした。 しかしぼくのミスで稽古場がとれていなかったのです。稽古場まできてそれが判明しました。 焦りました。 メンバーがどんどん集まってきて、ぼくは待ってもらって、ほかに稽古場がとれる場所がないか、思い当たるところには問…

早朝覚醒のある日

きょうは、久々に早朝覚醒で、5時半に起きました。 こういうときは、自室に入って、ユーチューブなどのネット動画をぼーとみて朝までの時間を過ごすことが多いのです。 新聞読んだり、読書したり、勉強したり、という風な気分にはなかなかなれないです。 た…

質素に行こうとおもうのですが、気が抜けて…

きょうは、仕事の予約が入っていたのですが、直前になってキャンセルの電話がかかってきてしまい、残念でした。 ほかにも勉強会とかあって、それらを消化した後の、一日の総仕上げにお仕事があるという予定で、一日のリズムを作っていたので、なんか、キャン…

愛猫ラブそう、闘病生活の始まりと愛の生活

それは、そうすけ(愛猫、以下そうちゃん)が家に来て、2年位経った頃だったでしょうか。そうちゃんは2歳のころだったとおもいます。 朝方、5時位に、そうちゃんが激しくおう吐をし始めました。もともとたまにおう吐はあるのですが、激しかったので、そうす…

子猫のそうすけとの愛の生活のはじまり

家には、猫が一匹います。 嫁さんが、大の猫好きで、結婚して引っ越したらすぐに、猫をもらってきました。 猫の里親制度というのがあって、そこからひきとってきたのです。 家に来た頃は、まだ6か月でした。 名前は、想輔(そうすけ)、といいます。 嫁が付…

ぼくのブログ記事の書き方

ぼくはブログを書きながら考えて書いているのですね。 (とキーボード打ちながら書くこと考えています) なにか、これというのがあって、それをテーマにして書くというんじゃないんですね。 本当は、きょうはこれを書こうときちんとテーマを決めて、書くのが…

あっぱれ、わが嫁。嫁にさとされる。

きょうは嫁も休みだったので、二人で過ごしました。 カフェで、読書してから、外のベンチで少し話しました。 バイト探しという久しぶりに、外部に触れる活動をして感じたこと話したのです。 「ぼくはね、わかい大学生たちとかと一緒に交じって、仕事するのが…

久しぶりに求職(バイト)活動して、おもうこと

ぼくは引きこもりではないのですが、外に出ていくことは勇気がいります。 家庭教師協会の登録会に今日も行ってきたのですが、やっぱり自分を売るというのがとても苦手で、そもそも自分にそんな能力あるんだろうか、とか考えちゃうんですね。 そんなこと考え…

過去のものにはなかなかできないいじめ体験の亡霊

今日はセラピストの勉強会でした。 小人数でやっているのですが、コーチを中心に、一対一で模擬セッションをやって、みんなで評価するというものです。 ぼくはこの評価するというのがとても苦手なのです。もちろん、自分の心の中では評価しているのですが、…

セラピスト系のお仕事やってます

きょうは久しぶりに仕事が入りました。 実は本業は、セラピスト系の仕事をやっております。 でも、全然にぎわってないので食べてゆけません。 予約が入らないとできない仕事なので。基本待機状態なのです。 貯金もどんどん減っていくので、それで家庭教師の…

家庭教師の登録会に行ってきました

きょうは、家庭教師センターの登録会に行ってきました。 大学生とかがいっぱいいたら、40代のぼくが浮いてしまうのではとおもい、ちょっとやだなと思いましたが、小人数の登録会で他の登録者の目を気にすることもなくはじまりました。 講師登録書と適正検査…

うつ持ち40代未経験の家庭教師への挑戦

そろそろ貯金も少なくなってきて、アルバイトでもしなければならないのです。 家庭教師をやりたいとおもって、いまいろいろな家庭教師協会に登録してみています。 なんで家庭教師などと思われるかもしれませんが、前職で4年くらい前に2年間英語翻訳の仕事を…

慢性うつの悲しみと不安

きのうは、アマチュア劇団のの稽古の日でした。 こちらは隔週日曜日に稽古をしております。 ぼくは演出者という立場でやっているのですが、お休みの人がいたので、久しぶりに、読み合わせですが、代役をやりました。 短いシーンですが、なんだかんだで、40分…

早朝覚醒と嫁の悪夢と夫婦のきずな

きょうは、久しぶりの早朝覚醒で、朝5時に目が覚めました。 でもまだ起きたくなくて、布団の中でうだうだしてたのですが、そしたら隣に寝ている嫁がうなされ始めました。 「あ~、あ~~、おねえちゃーん、おねえちゃーん、おねえちゃーん!!」 3回、おねえ…

うつ病で7年間寝込んだぼくがアルバイトを始めた理由

大学を2年留年してなんとか卒業したものの、それから3年間は療養生活、別のことばを使えば、ぷらぷらしてた時代が続いたのですが、大量に抗うつ剤も飲んでいたし、副作用もあって、28歳位まで、寝て起きてまた寝ての繰り返しの生活をしておりました。生活は…

嫁との散歩、小さな幸せ

きょうは、東京、主に新宿は暖かったです。 いつもは朝行くんだけど、きょうは夕方嫁と近くを散歩してきました。 新宿だけど、ちょうど見晴らしのいいところがあって、そこのベンチに座って、二人でぼーっとしてました。20~30分かな。 嫁は、この間の日曜日…

セリフがうまい役者とは

演技のお話です。 セリフがうまい役者とは、文脈にあったニュアンスをセリフにのせて伝えることができる役者のことです。 同じセリフでも、文脈によって、ニュアンスは千変万化します。 ニュアンスの中には、意味、役のキャラクター、などが考慮されます。 …

社会人演劇の最大のメリット

社会人演劇もしくはアマチュア演劇のメリットについてはいろいろあるかとおもいますが、最大のメリットは、アマチュアだからこそ、「純粋」に芝居や芸術を、自己自身を追究できるところではないかとおもいます。 芝居をやる動機は、人それぞれだとおもいます…

はじめての演劇体験 小学校6年生、台本・演出・出演

ぼくのはじめての演劇体験のお話です。かなり昔の話です。30年くらい前の話です。 ぼくはその時、小学校6年生で、修学旅行を控えてました。その修学旅行のリクリエーションで、仲良し3人組で、寸劇をやることになっていたのです。 ところが、修学旅行当日は…

嫁が帰ってくる前夜

嫁が12日間のニュージーランド旅行を終えて、明日の夜帰ってきます。 長いようであっという間の12日間でした。結婚してから5年半経ちましたが、こんなにも長い間、離れていたのははじめてだったので、お互いどうなるかなあとおもっていました。しかし嫁もホ…

20年来の慢性うつ病者の悲願

おそらく慢性の精神疾患者の悲願は、自分の体験と苦労をなんらかの形で社会の役に立てたいということではないでしょうか。 ぼくは、中学のときの10か月間のいじめが原因で、抑うつ状態になり、大学まではなんとか入学したものの、2年生になるころには精神的…

嫁を大切にしなければならない理由

ぼくは39歳で結婚したんですが、実は籍をいれたときは無職だったのです。 しかもうつ持ちの男です。 彼女から結婚したいと言われたときは、これは大変なことだとおもいました。 そこで、とうの昔にぼくの結婚はあきらめていたおふくろに聞いたんですよね、半…

人の個性が本来意味することとは?

人の個性は、その人の人間関係にあらわれるんじゃないかとおもっています。 個性と言っても、人間は「モノ」じゃないから、PCでいえば、CPUがいくつとか、メモリやハードディスクの容量とか画面の大きさとかそういった「属性(能力や特徴)」が個性をあらわ…

部屋が寒すぎて朝がつらい

ぼくの住んでいるマンションの部屋は、12階で最上階なのですが、部屋の中すごく寒いのですね。 どれくらい寒いかというと、下着の上にパジャマを着て、その上からセーター着て寝ています。布団は、毛布2枚に掛け布団3枚の5枚重ねしています。足温めようのあ…

世阿弥が教える役者の究極の心構え

「稽古は強かれ、情識(じょうしき)はなかれ。」 これは室町時代の能の大成者、世阿弥の著作『風姿花伝』の中に出てくる一節です。ここでは役者の心構えを記しているのですね。 「稽古(勉強)はうんとしなさい、でも、自惚れてはいけないよ」という意味で…

嫁の海外旅行、ちょと暗雲たちこめる

ニュージーランドに海外旅行中の嫁とは、ほぼ毎日ラインで話をしています。 いや~、便利ですね。通話代もかからないし、顔も見れるし。すばらしい。 嫁は好奇心旺盛な人です。英語の勉強がしたい!と言い出したので、評判のいい英語学校を勧めたら、すぐに…

アマチュアの劇団とプロの劇団なにがちがうの?

今日は1月の公演後、初の稽古でした。 ぼくのところの演劇グループは、主に社会人が中心になって活動をしています。 だから稽古は、原則日曜日。公演前になっても日曜日だけの稽古で本番までもっていきます。プロのスタンスの劇団だと本番のための稽古って…

自分のことを大切にすることは難しい

自分を大切にすること、自分にやさしくすることは、なかなか難しいです。 ついつい自分のことだと、厳しく冷たくなっちゃうのです。悪意がめばえちゃうのです。 今年の初めにやった公演も、ちょっとでも悪い評価を聞かされると、もう目の前真っ暗になってし…

昨夜は30年ぶりに幼馴染と会ってきました。

昨夜は、小学校中学校が一緒だった幼馴染と3人で会ってきました。 いまは便利なものでfacebookで、昔の疎遠になってしまった幼友達ともつながることができて、こういった再開の機会にも恵まれるのですね。 二人とも不動産業界に身をおいていて、今では、個人…

俳優修業者にとって一番大事なこと

20代のころ、役者の養成所に通っていました。フリーの演出家が小人数でやっている私塾でした。 ぼくはというと入所したとほぼ同時にうつ病で精神科にかかることになったので、あんまりしっかりと稽古できず、出来の悪い塾生でした。そのときの演出家とは、演…

精神的価値が高いとはどういうことだろう?

自分は精神的価値が高い、そうおもいたいのです。 そんな憧れがあります。 なんででしょうね。うつもある、収入もない、現実的には何にもいいところがないから、せめて精神的にはいいところがあるとおもいたいのでしょうか。 精神的価値って、何かというと、…

努力信仰を手放すということ

ぼくはがんばることをいいことだと思っているのです。 10代20代は努力教の信者だったとおもいます。 努力さえすれば報われる、なんでもかなえられると思っていた時期があったのです。 10代はちょうど高校受験大学受験に巻き込まれて、まあぼくなりに受験勉強…

嫁のいない夜

いま帰宅したところ。嫁のいない日の第1日目の夜です。嫁は昨日からニュージーランドに12日間遊びにいっているのです。 5年の結婚生活の中で、ずっとやってきたこと、それは帰ったら、きょうはどうだった?と互いにきくことでした。 きょうは人とも会って、…

自信をつけるためには、自己卑下する癖を取る必要がある

自分の長所や人から評価されるのを受けとめるのがぼくは苦手なのですね。 この間の公演が終わった後、嫁がぼくをほめてくれました。「ここまでみんなをまとめて楽しくやれたのはKさんの力だよ」って。嫁も演劇グループのメンバーなのです。 ぼくは、ああそ…

嫁が海外旅行に発ちました

嫁が大型休暇をとりまして、きょう、ニュージーランドに向けて発ちました。 お友達と二人で12日間の海外旅行です。 きょうから猫と二人でお留守番です。 意外なことに、結構さびしいです。 結婚して5年、今回のように長く離れることはなかったので、嫁と離れ…

結果重視で、不幸になっているわたし

結果よりもプロセス(過程)が大事だとよく言われる。 すごくよくわかるし、ぼくもそうしているつもり、、、だったんだけど、どうもぼくは結果をすごく重視する人間みたいなのです。 1月にぼくの主宰する演劇グループの公演がありました。1年近くかけて、稽…

人からバカにされても、自分を責めない生き方

ぼくは人にバカにされやすい気質なのですね。 そういう生まれついての気質があるかどうかわからないですけど、なんとなくそう感じています。それを自分では結構困るなあと思っているのです。 他人が自分を軽んじてきたとき、瞬時に、「なんだその態度は!」…

エブリファイの副作用① 早朝覚醒

最近またエブリファイという向精神薬(精神科の薬)を飲んでいて、その副作用で早朝覚醒がはげしいです。 早朝覚醒というのは、朝早く目が覚めて、それから朝まで寝ていられない状態をいいます。ぼくの場合は、午前4時前後にぱっと目が覚めることが多いです…

役割ではなく、素の自分で人と関われるようになりたい

役割がないと、人と関わりずらいのですね。 今やっている演劇グループも、リーダーとか演出という立場でメンバー(グループの人)と関わるのはほとんど問題ないのですが、稽古が終わっての帰り道とか、飲み会の席だと、ひとり孤独になってしまうのです。 役…

対人恐怖傾向と自己否定感はつながっている

人とつながっていくのが苦手です。対人恐怖傾向があるからだと思います。 演劇グループを主宰して、数年が経つのですが、いつまでたっても、横のつながりができません(グループ関係者とのつながりはあるのですが)。まあそれはそれで理由がないわけではない…

正反対の助言をされたときの対処法

ある知人に、メールで相談されたことがありました。ぼくの回答がその人にはとても役に立ったようなので、それをシェアしたいと思います。 相談内容: あることを二人の人に相談したんだけど、二人の助言が全く正反対で困っています。どちらもわたしがとても…

劇団四季の「ライオンキング」の感想

劇団四季の「ライオンキング」を観に行ってきました。 四季のミュージカルを見たのは、小学生のときだから、もう何十年も前のことになります。その時は「キャッツ」でした。面白かった。はじめての四季、はじめてのミュージカルに興奮したのを覚えています。…

対人恐怖が起きる理由は恥の意識にあるのでは

最近、再び恥の意識がつよく感じられるようになり、苦しいです。 それは特に対人関係においてつよく感じられるので、人と関わることは結構恐怖です。 中学校時代のいじめのトラウマがあります。その体験は屈辱的な体験で、ぼくはとても辱められました。次第…

うつ病は、家族にとってもとてもつらい病気だということを改めておもう

ぼくが具合が悪いと、それと連鎖するかのように嫁の機嫌もナナメになり、つらそうなのです。ぼくは常々、ぼくの落ち込んだ状態にいちいち嫁が反応してほしくないと思っています。 うつ持ちが落ち込むのは、普通のことであって、しいて言えば、おなかがすくの…

人とつき合うとは、相手のために自分を変化させること

ぼくは、哲学をかじってきました。 そこで今回は、哲学って何?ってことを書いてみたいのです。なるべくわかり易く書きますのでしばしお「つき合い」ください。 「哲学とは態度だ」と言った人がいます。うーん、そうか~ ちょと難しいですね、こういったらど…