読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生悲喜こもごも

演劇、哲学、うつ、人間関係など、日々感じたり考えたことを書きます。

子猫のそうすけとの愛の生活のはじまり

f:id:keichansp:20170307174311j:plain

 

家には、猫が一匹います。

嫁さんが、大の猫好きで、結婚して引っ越したらすぐに、猫をもらってきました。

 

猫の里親制度というのがあって、そこからひきとってきたのです。

 

家に来た頃は、まだ6か月でした。

 

名前は、想輔(そうすけ)、といいます。

 

嫁が付けたのですが、はじめは、え!という感じがしたんだけど、すぐにその名前になれて、いまではすごいいい名前だとおもっています。

 

そうすけ ⇒ ラブリーそうすけ ⇒ ラブそう ⇒ ラブ

 

以上のような変遷を経て、いまでは、ラブちゃんと呼ばれています。

 

そうすけの「そ」の字もない状態です。

 

家にきた当日は、土曜日で、嫁が連れて帰ってくることになっていました。わたしは、そのころは、また違うお仕事をしていて、その日は出勤で、夜帰ってきました。きっと、猫好きな嫁は、彼とでれでれでくっついているのだろうなとおもったのです。

 

帰ってみると、嫁は、一人で本を読んでいました。猫の姿はどこにもいません。

 

「あれ?猫ちゃんどうしたの?」ときくと、

 

「テレビの裏で隠れている」とかえってきました。

 

そうなのです、猫とはいえ、はじめてのお家で、はじめての人とそんなに仲良くなれるわけないのです。むしろ、はじめての環境が恐くて、それで、テレビの後ろに隠れて出てこないというわけでした。

 

上から、テレビの裏を見てみると、小さくちぢこまっている子猫が見えました。

 

「ああ、そうなんだね。どれくらいで慣れるの?」ときくと、

 

「2週間位だって」とかえってきました。

 

更に「夜泣きがしばらく続くみたいよ」と。

 

さて、夜になって、夜泣きがはじまりました。確かにニャーニャーないています。

 

さびしいし、怖いんだろうね、とか話しながら、ぼくたちはねました。

 

しかし夜泣きは思いのほか、長くは続きませんでした。おそらく3日間位ですんだかとおもいます。

 

夜泣きは済みましたが、それでもテレビの裏に隠れるのは変わらずで、それで2週間が経ちました。

 

その間に、ゲージを買ったら、テレビの裏から出てきて、ゲージの中には入るようになりました。

 

それでついにちょうど2週間目の夜だったかとおもいます。

 

ゲージを横に嫁と二人でこたつに入っていたのですが、そうすけ君がニャーニャーこっちに向かって鳴いてきたので、嫁に、

 

ちょっと抱っこしてみたらとすすめてみました。いままでなら、近づこうとすると、すぐに逃げてしまっていたのです。だから抱っことかしようとしないで遠くから見てました。

 

でもそろそろ2週間たつからとおもって、嫁に勧めると、嫁は、意を決して、そうすけに手を差し伸べました。そうしたら、そうすけは逃げもせず、はじめて、嫁の胸元で抱きしめられたのです。

 

そして、次には、その嫁の中で、ぐるぐる、言い始めたのです!

 

「Kさん、ぐるぐる言っているよ」と嫁、

 

「わあ!本当だ、すごい!」とぼく。

 

ついに嫁とそうすけ君は、相思相愛の中になったのでした。

 

なかなか感動的なシーンでした。

 

嫁もすごく幸せそうでした。

 

ぼくもはじめてそうちゃんが打ち解けた姿をみて、嫁と愛し合っているのをみて、

感動しました。

 

それから、ぼくたち夫婦とそうちゃんの愛の生活が始まったのです。