読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生悲喜こもごも

演劇、哲学、うつ、人間関係など、日々感じたり考えたことを書きます。

慢性うつの悲しみと不安

うつ 演劇

きのうは、アマチュア劇団のの稽古の日でした。

こちらは隔週日曜日に稽古をしております。

 

ぼくは演出者という立場でやっているのですが、お休みの人がいたので、久しぶりに、読み合わせですが、代役をやりました。

 

短いシーンですが、なんだかんだで、40分位、代役・代読をつとめたんですが、稽古が終わった後、どっと疲れが出まして、家に帰って、のびていました。

 

ぼくは、長いこと、うつ病を患っていて、薬も20数年飲み続けています。

病気のせいか薬の副作用のせいかで、激しい運動や、筋肉に負担をかけると、具合がわるくなってしまうんですね。だからもう20代半ば位から、運動や筋力に負担がかかるような作業はずっと避けてきたのです。

 

それでも30代前半は、レストランで皿洗いを、短い時間ではありましたけど、バイトでやっていたこともありました。軽作業ですが、その程度はだいじょうぶだったようです。

 

しかし30代後半からさらに体力・筋力が落ちてきているようにおもいます。

 

たしか4年くらい前も、演劇の稽古で、やっぱり代役で本読みをやったのですが、40分ほどやったらグロッキーになってしまって、稽古が終わった後、へたり込んでいたら、他のメンバーに、Kさん、死にそうな顔してる、と言われてしまいました。

 

そして昨日久しぶりに、代役やったのですよね。そしたら、やっぱりグロッキーだったわけです。実はきょうも引き続き寝込んでいました。

 

ああ~、やっぱりぼくはもう役者は無理なんだなあと、改めておもい、ちょっとだけ悲しくなりました。

 

中学・高校の時も演劇部で、役者やってたんですけどね。

まさか役者としての栄光が10代で終わってしまうとは思わなかった。

 

でもこのまま慢性うつ、慢性運動不足が続いたら、ぼくの他の部分の健康は維持できるのかとても不安です。

 

しかしまあ、自分なりにやれることをやっていくしかないのですが。

 

亡父がいっていました、「なるようにしかならない」と。

 

明日はまた明日でぼくなりにがんばります。

 

読んでくれてありがとうございました。